2007年05月15日

映画「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」の撮影

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

蒼き狼」モンゴルロケ エキストラ2万人!!

現地で動員…反町ハーン「偉大さ実感」


エキストラをバックに、

即位式の撮影に臨むチンギス・ハーン役の反町隆史

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

エキストラの視線は玉座に向けられた 映画「蒼(あお)き狼(おおかみ)〜地果て海尽きるまで〜」の撮影が、モンゴル国内で進められている。製作費30億円をかけ、モンゴル建国の英雄、チンギス・ハーンの生涯を描く大作。2万人のエキストラを動員し、800年前の即位式を再現した撮影現場を訪ねた。(近藤孝)

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 首都ウランバートルから南に約50キロ。ウンドゥルドブに広がる緑の草原が、色とりどりの民族衣装で埋まった。「チンギス・ハーン! チンギス・ハーン!」。静寂を破るように、雄たけびがとどろき、人の波が大きく揺れ動いた。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 チンギス・ハーンの即位式は、全編のクライマックス。モンゴル高原で育ったテムジンが幾多の困難をくぐり抜け、1206年、ついにモンゴル民族の最高位・ハーンに上り詰める。諸部族の民を前に、権力の頂点に立ったことを、自ら宣言する場面だ。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 この重要な場面の撮影に、製作総指揮の角川春樹は賭けた。「CGは使わない。2万人のエキストラを集めて撮影する」――。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 国内でも難しい撮影を、現地で断行し、モンゴルの全人口約250万人の100人に1人を動員しようという試みだ。「このシーンだけは自らメガホンをとる」。沢井信一郎監督に代わって、角川自身が、監督をすることになった。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 集まったエキストラは、主にウランバートルの住民たち。チンギスが帝国を統治するのに採用した戸長制度をまねて、170人のリーダーにそれぞれ100人のエキストラを集めさせた。プロジェクトの窓口となったコンサルタント会社によると、6月ごろから、「日本人とモンゴル人が一緒になって、映画を作ろう」と呼びかけ、撮影告知のチラシを配るなどした。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 その結果、ウランバートルから1万6000人が参加。さらに、中央県の住民2000人と国軍兵士2000人が加わり、2万人が撮影に臨んだ。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 撮影当日、参加者は、午前7時ごろから、バスなど約600台に分乗し、ウランバートルを出発。1時間ほどかけて撮影現場に到着し、自前の民族衣装を身に着けて準備を整えた。200騎の武装騎馬隊、馬頭琴や太鼓の奏者、宗教儀式をつかさどるシャーマンらも整列した。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 正午過ぎ。“即位の山”と呼ばれる草原の丘にチンギスが姿を見せた。演じるのは反町隆史。シャーマン(津川雅彦)の神託を受けて、玉座から立ち上がる。「おお、上天よ、ご照覧あれ。モンゴルの夜明けに旅立つ蒼き狼の行方を!」。すべての人々が立ち上がり、「万歳、万歳」と、チンギスの名を叫んだ。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 撮影終了後、反町は「2万人の群集を見て、チンギス・ハーンの偉大さを改めて感じ取った」と話し、角川も「反町にも私にもチンギス・ハーンが乗り移ったようだった」と語った。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 その前日には、即位式の前半の撮影が行われた。チンギスが馬に乗って玉座に向かう場面と、観閲台から即位の宣言をする場面。馬が、奏者やシャーマンの間を縫って丘を上っていくまでが2分間のワンカット。反町が高らかに即位を宣言するまでを、4分間の長回しでとらえた。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 この場面の監督も角川が務めたが、傍らには、沢井監督が控え、撮影のアドバイスを送った。夏のモンゴルは午後9時ごろまで日が落ちない。快晴の下、この日の撮影も、7時ごろまで続けられた。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

製作総指揮の角川春樹氏 「胆力と気力が必要な演出」

群衆シーンを監督する角川春樹(左)と、演出面のアドバイスをする沢井信一郎監督 9月上旬のクランクアップを目指し、「蒼き狼」の撮影も折り返し地点にさしかかった。角川に撮影を振り返ってもらった。

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 ――2万人のエキストラを使った撮影を終え、感想を聞かせて欲しい。

 「1990年に『天と地と』を監督した時には、3500人のエキストラを指揮した。このようなシーンは、撮影技術だけでなく、胆力、気力がないと演出できない。我慢して待機しているエキストラから、いつブーイングがでるか、分からない。だから、いいタイミングでカメラを回さなければいけない。そういうことができるのは、私ぐらいだろう」

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 ――2万人の動員にこだわった理由は。

 「最近の映画を見て感じるのは、CG映像の薄っぺらさだ。本物の人間にはどうしてもかなわない。今回の撮影が実現できて、製作者として大きな喜びを感じている」

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

 ――チンギス役の反町に何を期待するか。

 「チンギス・ハーンは、人間の動かしがたい喜びと悲劇とを体現した武将。彼の生涯を、『リア王』や『オイディプス王』のように描くことができたらと思っている。もちろん、英雄のスケールと比べれば、役者のスケールは小さいが、そのハンデを負いながら、どこまで反町が変貌(へんぼう)してくれるか。楽しみにしている」

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------


■「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」

玉座に座る反町の周りに集まった主要キャスト(左から袴田吉彦、野村祐人、若村麻由美、一人おいて菊川怜、Ara、製作総指揮の角川春樹) 原作は森村誠一の大河小説。チンギス・ハーンの波乱に満ちた生涯を、壮絶な戦いの軌跡や、愛する女性たちへの思いなどを盛り込みながら描き出す。主役の反町のほか、正妻ボルテに菊川怜、母ホエルンに若村麻由美、弟ハサルに袴田吉彦、親友ボオルチュに野村祐人ら。また、側室クランをオーディションで選ばれた韓国の女優、Araが演じる。公開は来年3月3日。(2006年7月21日 読売新聞)

   ------- 蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 -------

posted by 蒼 き 狼 地 果て 海 尽きる まで at 04:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モンゴル民族
Excerpt: 「モンゴル民族」の関連キーワードでブログでの口コミ・評判、ショッピング情報をゲット!
Weblog: 関連キーワードでブログでの口コミとか通販とか
Tracked: 2007-07-06 16:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。